質屋とブランド買取にはどんな違いがあるのか

質屋とブランド買取にはどんな違いがあるのか、分かりやすく解説していきます。

お金が必要だけど質屋のほうが良いのか、ブランド買取のほうが良いのか分からない方はご参考ください。

質屋では顧客が持参した品物を査定し、その品物の価値にあった融資を行っています。

預かり期間3か月以内なら、品物の所有権は顧客にある状態です。

預かり期間3か月を過ぎると質流れとなり、品物の所有権は質屋側に移ります。

一方、ブランド買取では顧客が持参した品物を査定し、お店側が買取する仕組みになっています。

品物の所有権は買取が成立しだい、お店側に移ります。

一度買取してもらった品物は、手元に戻らないのが原則です。

質屋に質入れした後は、預かり期間3か月以内に利息を含めて返済していきます。

一方、ブランド買取ではすでに品物を買取してもらった後のため、返済は不要です。

質屋のように利息の支払いも必要ありません。

質屋に適用される法律は質屋営業法です。

質屋の健全な営業の推進と、顧客を守るために制定されました。

一方、ブランド買取に適用される法律は古物営業法となっています。

盗品の売買を防止するため、すみやかに発見するために制定されました。

優良質屋とブランド買取であれば、法律をきちんと守って営業しています。

品物を質入れするのが質屋、買取してもらうのがブランド買取です。

お金が必要だけど大切なブランド品なので売りたくないときは質屋のほうが便利です。

不要なブランド品の場合は、質屋ではなくブランド買取を利用したほうが良いでしょう。

ブランド品によって質屋とブランド買取との使い分けができます。